カテゴリ:
お色直しも終わり披露宴は中盤へと差し掛かってきました。

 

結婚式といえば僕ら出席者テーブルに飾られる様々な装飾品なども楽しみの一つです。

上記の写真は新郎新婦のプロフィールカード。

表紙が素敵で中身も期待できます。


新郎の写真wwww

怪しいビジネスを展開する中国人にしか見えんwwww

他に良い写真はなかったのだろうか…僕のHDDに飯島さんのかっこいい写真たくさんあるから提供すれば良かった…後の祭りですが。

よく見ると「好きな食べ物」に「ヨーグルトプリン」って答えてるwww

ご新婦はさすがにオーソドックスにまとめています。

いや~この夫婦はずっとうまくいくわ~。

さて他にも色々ありますが、ふと席次表を再度よく見てみました。

僕らの肩書に度肝を抜かれてよく見ていなかったのですが、新郎新婦のところ…



「新郎 わんわん」

「新婦 オセロ姫☆」

どうしたwww

こうやってちょいちょい笑いを入れてくる困ったカップルですが、色々な人たちとの交流もありまして。

新郎新婦の親御様も各テーブルをまわられています。


上司から突然酒をつがれて本当に恐縮しているようにしか見えない茨城名人www

こんな感じで幸せなムードいっぱいの披露宴会場です!

ところが…そんな平和な中一人暗い表情をしているオトコが!

 

 
 

絶望一歩手前の表情を浮かべる高梨現世界チャンピオン。

なんと新郎の飯島七段、当時高校生だったジャンプに友人代表スピーチを指名するという暴挙!

ほんとギャンブル過ぎるだろwww

当初は余裕ぶっこいていたジャンプですが、主賓・中島八段のあまりにも素晴らしすぎるスピーチを聴いてから顔面蒼白になってましたw

そしてジャンプ、何を思ったのかテーブルの下で携帯電話を見ています。

いくら世界チャンピオンとはいえ、披露宴という場でこれはちょっとマナー違反ですね。

K出、押田の僕ら大人が品格というものを教えてあげようと思い注意しました。

「おいジャンプ!披露宴中にCOBRAやってんじゃねえよ!」

「スピーチの原稿確認してんすよ!黙っててくださいよ!」

 

オセロの定石だけじゃなく、スピーチまで携帯で暗記www

これは面白くなってきたw

調子に乗った僕らはジャンプに悪知恵を入れ込むことにしました。

【以下小声でひそひそ】

K出「おいジャンプ…いいか?こういうスピーチは 『最初に笑いを取ったら』 うまくいくもんだぞ…」

ジャンプ「そうなんすか?」

K出「そうだ。おまえの原稿、笑いのポイント入ってるか?」

ジャンプ「yahoo知恵袋で調べただけっす…何もないっす…」

K出「よーしわかった。おれに良い案がある…。あそこのテーブルを見てみろ。村上さんや谷田さんがいるだろ?」

ジャンプ「はい、いますね…」

K出「あの人たちは『元』オセロ世界チャンピオンだが、おまえは『現』世界チャンピオンだ…」

ジャンプ「はい…」
 
K出「スピーチ一発目に 『今日この会場には元!世界チャンピオンが何名かいらっしゃいますが、僕は現!世界チャンピオンです!』って言え!会場爆笑だぞwww」

ジャンプ「そんなこと言えるわけないじゃないですか!www」

K出「バカヤロー!おまえのスピーチがコケたら飯島さんの顔をつぶすことになるんだぞ!それでもいいのか!」

ジャンプ「ええっ…!でも無理っすよそんなの!」
 
と悪知恵を入れている間にいきなり高梨くんスピーチの時間になってしまいましたハイざんね~んw

高梨コンピュータが完全に壊れてしまっていますが大丈夫なんでしょうか?

司会者の無駄にド派手なリングアナみたいにジャンプの紹介!
 
心の準備がまったくできていない高梨くんのスピーチやこれいかに!



音量まじで注意!



本当に言いやがったwwwwwwww

ジャンプの声が小さくて、あと俺らの野次がうるさくてすんませんw
いや~、若いって良いもんですよね~これでオセロ界の重鎮に干されたら高梨君どうするつもりだったんでしょうかねえええw
 
しかしまあこのジャンプの素晴らしすぎるスピーチでだいぶ場も和んだというか、本当に素晴らしい披露宴になった感はあります。

他にもご新郎の会社の先輩からのスピーチや、ご新婦ご友人からの「たつみさん取扱説明書」は悶絶ものの面白さでしたね~。

そして披露宴は感動のフィナーレへ!



 
 
 と4回に渡ってお届けしてきました飯島家結婚式。

こんなに笑いのたえない結婚式・披露宴は本当に初めてでした。

こんな結婚式に参加できて本当に良かったです。

本当はこの後、怒涛の二次会があったのですが、実は僕が司会をやりまして、超大忙しだったので写真とか動画とかまったく残っていないんですね!

なので全然記憶にもなくて書くことができません><

もし写真をお持ちの方がいらっしゃれば、kocoronoblue@gmail.comまで、宅ふぁいる便かfirestrage使って送って頂けると幸いです。

僕の記憶が甦れば「飯島家結婚式~番外編」という感じで書きたいと思います!

そんなわけでまた!













谷田さん「いや~言われちゃったよ~」wwwww