カテゴリ:
続き(以前の記事はカテゴリー「邂逅」ご覧ください)

さて、有段者になろうと思い、いざ大会を検索。
新宿歌舞伎町にコスモ(宇宙)なる怪しげなサロンで繰り広げられているらしい。関東オープンB級なるものが。いったいオセロ大会なるものにどんな人間が現れるのか・・・。怖くなり、おれにウソの必勝法を教えてくれた同僚を誘い新宿集合。午前中は買い物などにふける。そしていよいよ会場前到着。ネルシャツ着てる人がいる!さっきアンダーカバーなどでおっされ~、な服を購入してきた我々にとってはまさに驚愕の状況。ま、当時は若かったからね。許してね。んで、会場入るともう部屋ぎっちぎちの大人数。冗談抜きで「床抜けるな・・・」とか話してる人まで居る。オセロ中床抜けて死んだら末代まで笑われます。オセロ盤の前に座って、険しい顔をしながら「早わかりオセロ」を開いて定石の復習らしきことをしている人も居る。受験生みたいだ。観光気分で来た自分が間違っていることに気付きました。これは勝てない。が、来た以上出るしかない。記念受験だ。あ~こえ~。

誰とどんな試合をしたのかは忘れましたが、4勝2敗と悪くない成績で2級取得。確か2位に最近活躍中の某野1級がいた気がします。あと、最近飲み会の時に判明しましたが、オセロ界の暴走王(勝手に心の中で呼んでます)、S古二段も、「サイン入り早オセ欲しい!」という私と同じ不純な動機で生オセロ初参戦していたそうです。

まぁとにかく、ものすごい熱気でした。最近大会によく出るようになりましたが、どこも残念ながらあの時のような熱気はないですねー。あれはサイン本狙いと、コスモの持つ雰囲気が相重なって生まれた一瞬の奇跡だったんじゃないでしょうか。

2級取得してご機嫌のおれ。しかしながら心の奥底で恐ろしい事実が迫っている事を確実に認識し始めてます。なぜか?実はオセロ大会の3日前、なんと猟奇的な彼女が入院していた!これは非常にやばい。急性胃炎か何かで入院。その前2日間はお見舞いに行ったけど、その日は前から大会出るって決めてたし・・・。彼女に「なぜ日曜日にお見舞いに来ないのか?」ということを「オセロ」理由にしたら天中殺に決まってます。しかし大切な(恐怖な)彼女にウソをつくわけにはいかないので、意を決して伝えたのです。「出る」と・・・。その時の彼女の冷徹な視線はもうアンダーテイカーを超えていました。鐘が鳴っていました。死刑宣告でした。とにかく「大会終わったら速攻来い」というので行きました。2級認定証を片手に・・・。

病院に着いたら彼女は寝てました。安心してつい油断。認定証を取り出しニヤついてたみたいです。実は静かに起きてた彼女。おれのその姿を見て絶句。「あんたなにそれ・・」「あ・・いや・・調子どう??」「もう私の前で一生オセロの話しないでね」と本物の死刑宣告です。

最近「どうしたらおれのオセロの取り組みを認めてくれるんだよ!?」と珍しく反抗してみたら「世界チャンプになったら認めてやる」と・・・。「日本チャンプごときじゃお話にならないわ」と。あのー、わかってます?世界より日本制す方が難しいんじゃないですかい???なーんにも聞く耳持ちません。さすが猟奇。恋人や配偶者がオセロに理解のない方々、どうやって大会出てます?コツを教えてください・・・。

続く