カテゴリ:
DSC_6638

書き途中で放置していたシリーズ第二弾です。2年前のオセロ名人戦ですね〜。もはや懐かしいwwなんで書き上げられなかったのかわからないけど、たぶん棋譜貼ろうとして力尽きてますね。棋譜なんか残ってるわけない。文章変ですがとりあえずアップします〜。


--------------
K出ですこんにちはこんにちは!

K出は凝りもせず第34期オセロ名人戦に参加してきました。
さすが「誰でも出られる全国大会」だけあって、超一流オセラーから某マジキチ系オセラー、そして海外からの参加組も含めた盛りだくさんな大会となりましたね~。
全国大会の中でも結構緩い感じのこの空気感好きですよ。
早速ですが参加録として振り返ってみたいと思います!

大会前


K出、息を吸うように今回も遅刻。
9:30で受付終了なのに浅草駅についたのが9:35。
完全に詰んだww

「まじすんませええええん( ;∀;)!!」と叫びながら受付に到着したら、連盟の高橋さんが「早くして!」というジェスチャー。
見た目はお優しい方ですが確実に「おいそこのクソメガネ野郎また遅刻か。運営に影響するからはよしろや」というオーラがびしばし出てます。
別に集合時間が早過ぎるとか文句ないですすべて僕のせいです!!!

DSC_6615

まず長谷川会長が開会の辞を。
お元気そうでなによりです。
そういえば会長が執筆なされた「オセロゲームの歴史」という分厚い本について仰ってられましたが、大会参加記念か何かでその本頂きましたありがとうございます我が家に2冊めです!

DSC_6624

DSC_6632

OWCで優勝し七段になったタオル、王座戦で七段になった栗田くんの昇段式。
「めんじょうぅ」というドスの効いた会長の免状読み上げは健在。
僕も一度くらい会長から「めんじょうぅ」「しょうじょうぅ」を頂いてみたいです。

そんな中会場の隅を見ると、押田水産や野田立先生を始めとした「僕ら仲良し掃き溜め系オセラー」がごろごろいました。
しかし一部の人間は手元にある新聞を熱心に読んであれこれ話しています。
アベノミクスがついにオセロの世界まで進出してきてみんな経済について熱く語っているのか…と思いましたがよく見たら

DSC_6619

競馬新聞ガチ予想中www

「今予想に必死なんだからちょっと話しかけないで!」と僕に対してひどいことを言う押田水産。
オセラーはみな必死に研究などを直前までしているというのに、この男は必死になって馬の予想を延々しております。
みんなも競馬について話していたそうです。
「本当みんな好きだよなあ」と関心して見てたんですがさらによく見てみると



59ac28c6-s

必死になってるの押田さん一人

後ろのアラフォーオセラーズは既にオセロモードに入ってるのに押田さん。
まさにオセロへの冒涜。

ま、そんなことはどうでもいいんですがちょろっと自局中心に振り返ってみます。
今回はなかなか楽しいオセロを打てました。

1回戦


荒木大先生きたああああ!
何度か対局したことありますが毎回ボロクソ祭りです。





2回戦


1回戦負けてしまうと上位進出はもうありません。
まあ僕のような産廃系オセラーが目指すのは優勝とかではなく、あくまでも5勝の王座戦出場権ライン。
落ち込んでる暇はありません。
そんなわけで「次の相手誰かな~」と探していたら…












e817c971

「ぼぉくですぅ~!」



N山さんwwww





全国大会のN山さんといえば「綺麗なホテルのロビーでカップラーメンを食べる」「喫煙所に座り込んでVIP気取りでタバコを吸う」「大盤解説では必ずしゃしゃり出てきて、高度な一手読みを披露する」など数々の武勇伝を残すまさにオセロ界の「逆レジェンド」的なキング・オブ・ネタキャラ。

そんなN山さんと対局するのは実に感慨深いものです。
今までほとんど会話したことがないので、対局中N山さんに色々聞いてみました。


「N山さんって今の所属ブロックはどこなんですか?」

「近畿ですぅ!」

「近畿のどちらですか?」

「しが県ですねぇ!」

まあここまでは普通の会話です。

「ご実家が滋賀なんですか?」

「いや~違います。僕は静岡出身なんだけど、ほら僕運送業でしょ?」

「そうですね(知らない)」

「やっぱり人間は大リーグ目指すべきだと思ったんだよねぇ~!」

「????」

「運送業の大リーグと言えば、しが県なんですよぉ~!だから僕はしがにいったんだ!」


何を言ってるのかさっぱりわからない。
ちなみに近くで対局してた江崎くん。
笑いのツボに完全に入ってしまったらしく2回戦ボロ負けww
僕のせいだそうです知らんwwwww


3回戦


3回戦は石川四段です。
これでもかってくらいどこでも対局しますね。


4回戦


2勝1敗で迎えた午後の4回戦。
相手は朝比奈三段。
真の諭対決がついにきた!!





クソボロ負け!!
これはですねえ…実は僕の黒のブライトウェル定石が本当に死んだ瞬間だな…と。
自分と同じレベルもしくは強い相手に、あそこに打たれると間違い無く黒は勝てない。
本当に打ってて悲しくなってきました。
でも仕方ないんです。
いつか定石は死ぬんです。



5回戦


2勝2敗で王座戦出場権ぎりぎりライン。
もう負けられません。
ここで対戦相手がまさかの中島八段ww
あんたこんなところで何やってるんですかww

一度も勝ったことはない相手ですが、以前までの僕とは違います。
僕は鼻の手術をしたんです。
酸素吸入量が以前とは段違いなんです。
今まで勝てなかった相手にも勝てるんやうおおおおお!







くっそwww
というわけで今年も名人戦で王座戦出場権取得することは不可能でした。
悔しい!

7回戦


そう、ここでの対局はお互いに「王座戦でられなかった人対決」です。そんな萎えるシチュエーションで相手が強豪の松澤四段!なんでや勝てるわけないやろ!

と思ったんですが松澤さん、王座戦の資格逃したのが相当ショックだったのかやる気が全然感じられない打ち筋wwwなぜか勝てました。









--------------
と、ここで文章が力尽きておりました。誰が優勝したとかも全然覚えていませんね!!お許しくだせええええってことでまた明日!



次回予告→「Loppiでオセロ連盟に入会してみた」