カテゴリ:
そして夜は更けていき、野田立邸にて朝を迎えるご一行。
鷹さんが目覚めると、隣で押田水産が「美学のオセロ」を読みふけってました。感動してたようです。もしかしたら涙も流していたかもしれません。



「盤面解説も良いけど、下半分の詩は本当最高だよな!」



とみんなに同意を求めてました。ピュアなんです彼は。tetoは朝になってもまったく起きません。女の子だからという理由で野田立がせっかく別の部屋を用意してくれたのに、結局雑魚寝。人の好意を完全に無駄にしてます。押田水産は「美学のオセロ」に感動しながらも、



「鷹さんイビキうるせーよ!」



と僕をいじめます。本当にすいません。こればっかりは。
やがて野田立も起きました。「対戦プログラムできた?」と聞いたら



「もうすぐできる」



と言い張ってます。昨晩とコメントが変わってません。
本当に大丈夫なんでしょうか。




鷹さんと押田水産は時間に余裕があったので、近くの健康ランドみたいな所に向かいました。「こだまの湯」という所でして、「天然かけ流しの湯です」って書いてあるのに、張り紙に「原油高のため入湯料値上げします」っておい。結局加温かよ。

息巻いて男湯「和の湯」に向かう押田水産の後姿。師匠あやかろうということでしょう。

師匠!オラにパワーをくれ!の図
416796b0.jpg


そしていざ出発時間に。
家を出る直前野田立に「対戦プログラムできた?」と聞いたら



「・・・」



返事が無い。ただのしかばねのようだ。



そして野田立邸から約2時間(うち1時間は迷走)かけて会場及び館林駅に到着。館林は「ぶんぶくちゃがま」の発祥の地らしいです。

「今まで人生悩んだことなんかないっす!」な顔。ナンカムカツク
0d1ef7cd.jpg


駅まで中島名人を迎えにあがりました。しかし名人。本当に来るのだろうか。いかんせん名人は以前「大江戸オープン」という東京ブロックで行われていた大会ですら、「参加します!」と言っておきながら結局「起きたら間に合わない時間だったんだよ」と言い訳にもならない発言で周りの度肝を抜いたほどです。東京ですら来れないのにここ群馬だぞ。

しかし奇跡は起こる。名人、本当に来ました。外道二段とともに登場。駅のコンビニで買い物を終え車に向かう途中、長崎四段発見。何なんだこの駅は。オセロ世界4位、前日の天王洲カップ覇者、前週のりんかいチャレンジカップ覇者が集う群馬県の駅。よくわからないけど絶対何かが間違ってます。



一向は会場に到着。習字で書かれたすげー上手い「第1回館林オープン」の文字。主催のJACK、野田立には絶対書けません。誰に書かせたんだ。

594d0b0a.jpg


それにしてもすごい人数。うち半分はほとんど品川で見る連中ばっかりだ。わかってんのかここ群馬だぞ!とみんな思ってたんでしょう。僕も思ってました。



そしてかなり時間押しましたがいよいよ館林オープン開催!



1回戦:無級 勝ち
小さい男の子。結果は勝ちでしたが、重要な所ではしっかり考えており、将来有望だと思います。がんばれ!おじさんも小さい頃からオセロしてたかったよ!


隣のブロックを見てみると、

1番テーブル:中島八段 vs 龍見五段
2番テーブル:長崎四段 vs 押田水産

品川支部のトップテーブルでよく見かける光景に、変な小動物が一匹混じってます。小動物、石6個にされてました。



館林の悲劇

12e73d0c.jpg




対局終了後、彼は

「まじツエ~。四段コエエ~四段コエエ~ヨォ~」

と完全にぴよぴよモードに。笑えますね。



2回戦:二段 勝ち
お名前は存じてましたが、初対局です。以前中島名人に勝ったこともある実力者。気合入れて臨みました。ブライトウェル暗記範囲で相当優勢かと思ってましたが解析したら全然draw進行でしたガ━(゚Д゚;)━ ン !!途中お相手の凄まじい返し忘れで助かった。



3回戦:四段 負け
ここで勝てばかなり上位入賞が見えてきます。前日の天王洲カップでも対戦した四段の方。以前はまったく勝てませんでしたが、ここ最近は2連勝してます。初勝利の時は牛定石に対して大量取り、前日は蛇定石に対して腐れ蛇で勝ってます。そして今回も鷹さん白ゲット。5手目、お相手は「ん~~」と言いながら今回はバッファローに!

キタヨキタヨ!

かなりウハウハの鷹さん。実は二日前、初の天王洲カップアドバンスド部門に出場するとあってバッファローの受けを死ぬほど研究したわけさ。野田立対策用に!案の定対戦実現。そしたら野田立の野郎いきなりとかげ定石打ってきやがった。無駄に終わったじゃねーか!しかも大敗だよ!とふてくされてましたがこんな大事な場面で遭遇するとは!ナイスおれ!くらえ必殺北陸バッファロー!


結構優勢にすすめてたはずの途中局面。
ここで「あれ?何かおかしいぞ?」と思い始めてる鷹さん。

白32手目

実戦局面図
1+++○++++
2++○○+●+○
3●+○○●●○○
4+●○○●○●○
5++●●○●●○
6+●●○●●○○
7++○●●+++
8++++++++

【鷹の読み】白A4→黒A5→白E2→黒B3→白B5

想定局面図
1+++○++++
2++○○○●+○
3●●○○○○○○
4●○○○○○○○
5●○○○○●●○
6+●●○●●○○
7++○●●+++
8++++++++



実戦局面図。鷹さんはここでA4にあてるつもりだったんですね。黒は上辺に出づらいわけで、当然A5と取るだろうと。ところがどうもおかしい。何がおかしかったっておれの頭がおかしかった!

鷹疑念の局面図
1+++○++++
2++○○+●+○
3●+○○●●○○
4☆◇○○●○●○
5++●●○●●○
6+◇●○●●○○
7++○●●+++
8++++++++

「あれ!?ここでA4あてるとB6の黒石が返っちゃうなぁ~~これは損だなぁ~~~」とか考えはじめちゃった♪返んないじゃん!!!結局下壁を破ってしまった。ここからどんどん劣勢になっていき、以降勝ちはなくなりました。こんなに悔しい敗戦は久々です。



四回戦:初段 負け

意気消沈しましたが、村上九段の「たとえ1敗しても腐らず本気で打つ!」というお言葉を思い出しがんばって次の対局に気持ちを切り替えました。初対局の初段の方。くそブライトウェル打つはずがイエス流で受けられた。しかも神奈川の某お強い系中学生初段様の得意とするイエス流ではなく(こっちは研究した)、引っ張られまくるイエス流。

1++++++++
2++++++++
3+○○○++++
4++○●●+++
5+++●●●++
6+◇○○++++
7++++++++
8++++++++

これ嫌いなんだよ。知らないのでさっそく最善を外してしまい、一気に苦しくなったが何とか形勢保って次黒番。


黒37手目

1+++○○○○+
2++○○●○++
3○○●●●+○+
4○○●●●+++
5○●●○●●++
6○○●●●●++
7○+●●●●++
8++●●●●++

ここでも鷹さんの頭はおかしくなっていた!
完全に頭が崩壊してたんでしょうね。
次の黒何とB2

1+++○○○○+
2+●●●●○++
3○●●●●+○+
4○●●●●+++
5○●●○●●++
6○○●●●●++
7○+●●●●++
8++●●●●++

ええ。完全に「ストナー決まった・・・」って悦に入ってましたよ。中辺真っ黒になっちゃいましたよ。当然返し忘れ。対局時計バコーンと押し返され

「返し忘れです」
「ガ━(゚Д゚;)━ ン !!」

まあこれはこれで白難しく、黒有利になったんですが、次の地獄は55手目に待ってました。

黒55手目

1○++○○○○+
2●●●●●●●●
3●●○○●●●●
4●○●○●●○●
5●●●●○○○●
6●○●○○○○●
7●●○○○○◇+
8●○●●●●++

ホワイトラインは黒一色。白はb1でもc1でも切れない為、まあどこ打っても楽勝でしょ!と思って何を考えたのか(何にも考えてなかったんですね)次黒何とh8

1○++○○○○+
2●●●●●●●●
3●●◆○●●●●
4●○●◆●●○●
5●●●●◆○○●
6●○●○○◆○●
7●●○○○○◆+
8●○●●●●+★

次56手目白c1でライン切れちゃうガ━(゚Д゚;)━ ン !!
6個空きで壮絶な敗着。どこまでドMなんだおれは。



5回戦:二段 負け
もう完全に死に体でした。負けちゃった。

6回戦:1級 勝ち
さすがに負け越しはやばいのでがんばりました。



自分自身としては大変内容の悪い一日でしたが、大会自体はすごく面白かったです。第2回の開催も決まっているようですね。できれば来ます。ちなみに商品のなかに、先週3000円出して買った某Tシャツがあったのは気のせいですかね・・・