カテゴリ:
私事ですが、僕が働いてる会社のサークルで「オセロ部」ができてしまいました。「社内にオセロ有段者がいるらしい」と嗅ぎつけられ、棋力は既に級位者レベルに落ちているというのに最近先生ぶってます。このままではまずい!というわけでクソ久々に品川シーサイドオープン参加してきました。リハビリ開始。 

Round1:黒番(負け)


7手目は以前から割と好んで使っている進行だけど、いっつも17手目でどこ打っていいのかわかんなくなるのでいい加減使うのやめたい。35手目のH4もぐりはガチでクソな一手。じゃんぷさんもこれ見て「あーあ」みたいなこと言ってましたwww

それでも気持ちよく打ち続けてるんですが壮絶にひどいのが43手目F1。何でE2に入らないんだよ俺は!


Round2:黒番(負け)

ベルグタイガーで進行。全然覚えてねーわ。20手目白F8の応手で、謎の21手目黒D8俺弱すぎw一気に不利に。ここはC6に打って白D7を打ちづらくさせるのが良かった様子。

不利になりつつごまかして互角形勢になったのに、49手目H4、51手目謎のH6で終了。49手目にH7打てればB1の逆偶数最後まで温存して引き分けだったみたいです。時間無かったけど、あっても打てねーわ。



Round3:白番(勝ち)

どういうつもりかわからない12手目白F6がヤバいレベルの悪手。ここから最後までずっと負け形勢で吐き気。終盤黒のミスが続き決着は55手目。黒がH8じゃなくてA1来てたら右の中辺抜かれて負けてた気がする。結果は勝ちだけど、内容はどう考えても大敗。反省します。



Round4:白番(勝ち)

双方天王山のE1をずっと放置し続ける謎展開wホワイトラインが最後まで通る賭けに成功して勝利。



Round5:白番(負け)

こうもり定石よくわからないのに何で俺はこの展開にするかな。良いところまったくなく圧敗。黒強かったな〜。参りました。出直してきます!



Round6:黒番(勝ち)

この日じゃんぷに「俺何打てばいい?」と聞いたら「たまプラでも打っときゃいいですよ」と言うので準備してたのに出てこないし。結局最後も縦取り殺され。全然わからん。くっそ不利になるも必死に粘って43手目。「ここで間違えたら100%死ぬ」ということだけはわかったので、珍しく時間かけてちゃんと読んだよ。

B8-H2のCラインを通し続ければどうにかなるというのだけはわかったのでこの進行採用。51手目黒A3どかーん!「ふははは!これが黒の勝ち方だよ!」と心の中で思ってたけど、この後52手目もし白がB2来てたら+2だったみたいでたぶん黒ちゃんと打ててませんでしたww


そんなわけで3勝3敗でした〜。楽しかったな。


大会で優勝したのはいつも通りの高梨九段。そろそろ優勝し飽きないのかな。


「Lガセイシロタ株毎日飲むとオセロが強くなります」


大会終了後は中島夫妻、末國九段、じゃんぷと夕食へ。じゃんぷさんに「俺名人戦で四段になりたいからさ、ハメ手定石とかクソ強い進行を一式まるっと教えてくれ。暗記するから」とお願いしたんですが

「K出さんが今の棋力で序盤を暗記しても意味ないです。終盤力ですよ大切なのは。詰めオセロちゃんと練習してください」

「基礎力ない人がハメ手覚えてどうするんですか?」

などと空気読めないマジレス大会。そんなことはわかってるんだよ!わかった上で、限りなく苦労せず努力せず、なるべく最短で四段になりたいという俺の気持ちがわからないのかね!!



「わかりません。とにかく対局増やしてください」



などと偉そうに指示されました。くっそー。そんなわけで対局数を増やすために「リバーシ大戦」というアプリの存在を教えてもらい、生まれて初めてインストールしました。


「僕がリバーシ大戦で対局するとたぶん観戦が殺到しますよ!」というので、その場にいるのに対戦開始。ちなみに観戦者数は5人でした。これが世界3位の人気度だ!

なお対局は61-3で負けましたww



店員さんが「オセロやってる方々ですよね!」と覚えてくれていたので、高梨九段と末國九段がいかにすごいかを伝えたんですよね。そうしたら店員さん気をきかせてくれて、サプライズでケーキをくれました!すごい!



ごめん!じゃんぷさん直近の世界大会は優勝してないし、4回世界チャンプにはなってるけど連覇はしてないんだ。でも素敵な取り計らいに感謝しまする。

そんな感じです。名人戦まであと少し!猫定石ハメ進行用意して四段になるぞー!そんじゃねー。